割安株とはその銘柄が本来持っている価値よりも低く評価され、株価が安い銘柄のこと

割安株は英語でBargain stock、あるいはValue stockとも呼ばれ、本来その銘柄が持っていてもおかしくない価値があるのにも関わらず、価格が安い銘柄のことです。英語でバーゲンとはある商品の価格が本来よりも安くなるということで、これが転じてバーゲンセールなどにも使われています。

このように本来であれば、もっと高くてもそれだけの価値があるにも関わらず、市場の平均値や同業他社と比べると安値で取引されている、あるいは過去の水準から見て現在の水準が割安だと判断される株式のことです。

どのようにしてこのような判断をするかは、指標のPER(収益率)、PBR(書くか純資産倍率)、PCFR(キャッシュフロー倍率)などの水準が低く、またチャートでの移動平均線に対して下のほうに大きく離れているのが材料として使用されます。すなわち、ある銘柄が特に不安材料が見当たらないのに同業他社と比べた場合、値段が安すぎるという銘柄は割安株だと言えます。

この反対が割高株で、証券会社などのアナリストはそれぞれが独自の分析を行い、各銘柄について、割安か割高、あるいは適正という見解を発表していますから、この発表を参考にして、将来性を評価して長期投資を行うことも投資の方法のひとつと言えるでしょう。

すなわち関連用語である成長株であり、現時点では安い株価だが、将来の時点では高値がつく可能性があるのが割安株だとも言え、一般投資家には魅力があると考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ