IPO銘柄を購入して株式投資でチャンスを得る

株に投資している以上、小さなチャンスでも逃したくないものです。そんな投資家の方に多くのチャンスをくれるIPO銘柄(Initial Public Offering)があります。IPO銘柄は株式市場に新たに株式を開示する株を示しており、新規公開や新規上場とも言われます。株式の公開方法には二種類あり、公募と売り出しがあります。

公募は、増資分の株式を投資家に応募してもらうことで、売り出しは、既に発行済の株式を投資家に公開することです。基本的には、どちらも同時に開示されることが多くあります。新規公開株を購入するためには、ブックビルディングと呼ばれる期間に、需要申告を行うことが必要です。

需要申告の結果、発行価格が決められ、購入のための抽選が行われています。抽選の結果、当選するとIPO銘柄を購入することができます。ここが、普通の株とは違う所です。では、どのようなチャンスがあるのでしょうか。

そもそも、株への投資は損益が出やすいもので、そうそう予想がつくものではありません。しかし、新規公開したばかりの株の場合、購入価格が安価でも、公開した直後に株の値上がりが期待できるため、利益が上げやすい場合が多いのです。

また、取得の際に手数料がかからないのも嬉しい所です。もちろん、投資家だけでなく、新規公開をする会社も、知名度が上がったり、資金を調達することができるなどのメリットを持っています。

株価が急落する場合ももちろんありますが、これから世に出ていく会社を応援できるという意味でも、投資する意味がある銘柄と言えるのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ