J-Stockが株式投資で参考にされる理由とは何か

J-StockはJASDAQに上場している銘柄の中でも、時価総額、経常利益、純資産などの一定の基準を満たしている銘柄を言います。JASDAQは、時価総額加重平均方式によって算出した株価指数をJ-Stock Indexとして発表もしています。

株価指数の基準を満たすと、JASDAQを代表する企業であるとされますが、100社が上限の為、かなり厳しい条件がつけられており、100社に満たなくても、基準をクリアしなければ、入ることはできません。

上場したばかりの企業に対しては、200億の資産があることが条件とされるという基準があるというだけでも、その厳しさを伺い知ることができます。また、該当する企業に対しては、毎年見直しが行われているため、入れ替えもあり、常にそこに居続けることは容易なことではありません。

厳しい選定基準をクリアしてJ-Stockに選ばれると、企業側としては、やはり株式の優良企業として認定されるため、新聞などにも銘柄名が載ることとなり、投資家からの注目を集めやすく、資金を調達しやすくなります。投資家側からすれば、安定した利益を得られる企業として、安定した株を購入をすることができるのです。

どの銘柄を買ったらいいかわからないという初心者の方は、参考にされてみるのも一つの手立てでしょう。株には多くの銘柄がありますが、どれを買えばいいかというのはなかなか難しい問題です。その中でも確かな銘柄を確保して、利益を確実なものにしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ