NT倍率を使って株式市場の動きを見る方法

株式市場において、市場全体の動向を見極めることはとても大事な作業となります。その中で、何か参考になる数値があればいいと思うのは自然なことです。NT倍率は、参考にできる指標の一つと言えます。NT倍率は、日経平均株価指数(N)をTOPIX(東証株価指数)で割ったもので算出されている指標です。

何故、この倍率が株取引をする上での参考になるかというと、市場全体の動向を見ることができるからです。というのも、日経平均株価指数は、日本経済新聞社が東証一部上場企業の中から選択した225社を選び出し、その平均株の価格を出したものです。

株価水準の高い銘柄があれば、そこに低い価格もひっぱられることになります。一方、TOPIXは東京証券取引所が全ての一部上場企業の時価総額による加重平均により算出しているため、時価総額の大きい銘柄により影響を受けています。この特性から、相場展開や物色動向により大きく変動していることがわかるでしょう。

倍率が上昇しているときと、下落している時で、どの銘柄の上昇率が高いのかを知ることができます。倍率が上昇していると、日経平均株価がTOPIXの上昇率より上回っているか、TOPIXが日経平均株価の下落率より上回っており、価格水準の高いハイテク銘柄などの上昇率がより高くなります。

反対に、倍率が下落していれば、日経平均株価がTOPIXの下落率より上回っている、または上昇率より上回っているため、自動車銘柄などの大型株の上昇率がより高い事を示しています。つまり、NT倍率を効率よく取り入れれば、より正確な株取引をすることができるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ