ST倍率が示す指標で株取引を優位に進めよう

元々株価指数は、その証券取引所の株価の動向を示すものです。その株価指数を使用することで、その国の経済状況がわかるとしたら、株式投資をする上でこれほど参考になる数値はありません。

ST倍率は、S&P500種株価指数(S&P500:S)を東証株価指数(TOPIX:T)で割って出す指標のことを表します。S&P500種は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している銘柄の中から、アメリカのスタンダード&プアーズ社が500銘柄を選出し、その株価を基に時価総額加重平均方式で算出した株価指数のことを言います。

TOPIXは、東京証券取引所で一部上場する全ての日本企業の時価総額を時価総額加重平均方式にて算出した株価指数のことです。ST倍率は、上昇すればアメリカ株より日本株が出遅れており、加工すれば、日本株よりアメリカ株が出遅れていると言われています。

つまり、S&P500種株が上昇するということはアメリカの経済状況が良くなっていることを表し、TOPIXが上昇すれば、日本の経済状況が良くなっていることを表すのです。であるからこそ、ST倍率の変動は、アメリカ株や日本株の動向を見るのに役立つことになります。

このような指標をうまく取り入れることができれば、市場動向を見極めることができるので、株取引にも大変有利になります。株取引をする上で、外国株との関係は切っても切れないものです。外国市場との関係は非常に大きい為、動向に注視することで、株取引を優位に進められるといえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ