TS倍率で経済状況を把握する意味を知ろう

TS倍率とは、TOPIX(T:東証株価指数)をS&P500(S:S&P500種株価指数)で割ったものです。TOPIXは、東京証券取引所に一部上場している全企業の時価総額を時価総額加重平均方式にて算出した株価指数を言います。

S&P500は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場している500銘柄の株価をアメリカのスタンダード&プアーズ社が選出し、それを基に時価総額加重平均方式で算出した株価指数を指しています。この二つの株価指数により表された数値を除することで倍率は決定されます。

では、TS倍率を使用することで、どんな指標を得られるかといえば、その国の経済状況の動きを知る事が挙げられます。この指標の場合は、アメリカ株と日本株が、現在どのような相関関係にあるのかを表しています。アメリカの市場と世界の経済状況は切っても切れないのは明白です。

だからこそ、日本株との相関関係を知ることに意味があります。
TOPIXの倍率の上昇は日本の経済状況が上向きであることを意味し、S&P500の上昇はアメリカの経済状況が上向きであることを意味します。

そして、TS倍率が上昇すれば、アメリカ株の出遅れを示し、下降すると日本株の出遅れを示しているのです。この反対にST倍率があり、この場合には日本株とアメリカ株の関係が、全く逆の動きをします。これらの指標を毎日監視することで、市場の動向をより広く捉えることができるようになるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ