悪材料出尽くしを買いのチャンスと捉えよう

悪材料出尽くしの状態は、これ以上ないくらい株価が下がっている状態のことです。つまり、以前よりも安価でその対象の株を手に入れることができるわけです。だからこそ、ここで買いのチャンス到来となります。また、下がりきったあとは上がるしかないというとこともあり、少しずつでも株価が上向いていくのです。

もちろん、株を売り切っている状態が条件になります。悪材料出尽くしを見極めれば、安価な元手で大きな利益を出すこともできるようになるのです。悪材料出尽くしとは、悪材料という悪いウミを出し切った事を指します。具体的に言うと、天災、政治動向、原油価格の急騰など、リコールや欠陥、業績下方修正などが挙げられます。

また、悪材料が市場に発表されても、発表前から市場に予測があることがほとんどの為、それほどの影響はなく、株価がそこから下がらない、または、発表後に下降したとしても、売りたい人が全員売った場合にはそれ以上株価は下がることはなくなります。これによりどんなことが起こるかというと、もちろん株を保有していた人にとっては、株価は下がる一方です。

しかし、下がるだけ下がってしまえば、買い戻す動きが出てくるので、株価が回復していく傾向になるのです。買いのチャンスを見逃さない事は、株取引において、重要な事です。もちろん、売りでもそれは同じですが、まずは買わなくては始まりません。チャンスをきちんと捉えて、確実な利益をあげましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:金融用語

このページの先頭へ