税理士は経営をサポートする税務のエキスパート

税理士とは、一口に言えば税務に関する専門家です。国が法律で定める国家資格を持ち、公平な立場から税に関するさまざまな業務をこなします。わたしたちが最もお世話になるのは、税務書類を作成してもらう時です。毎年の確定申告に必要な書類の作成はもちんのこと、決算書や年末調整、源泉所得税納付書の作成なども代行しています。

納税申告書は細かく記載する必要があり、正確に作成するためには煩雑な作業の連続で、素人にはわかりにくい部分も多いため、個人経営者や企業の多くが、彼らのような専門家に業務を任せています。申告書提出後、税務署から問い合わせがあった場合も、相談にのってくれるので安心です。

また、申告漏れや故意の脱税が発覚した場合、税務署が行う税務調査の立ち会い、会計実務のプロとして経理や給与に関する帳簿、書類の作成など幅広い業務を請け負います。

他にも、公平な納税を促し、暮らしやすい社会作りに努める使命があり、専門知識をいかした税務教育や成年後見制度への参加など、社会貢献活動も大切な仕事の一つです。個人や企業が持つ財産の中枢部に触れる仕事ですから、守秘義務があります。

職務を遂行する過程で知った秘密を他人に漏らすなどして、信頼を壊すような行為をしてはいけません。このように重要事項に触れる仕事であることから、国家試験に受かっただけでは不十分です。

国家試験に合格後、日本税理士会連合会の名簿に登録される必要があります。氏名、事業所の住所など、定められた情報がしっかりと名簿に記載されて、初めて税理士と名乗れるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ