中小企業診断士は、頼れる経営者のパートナーです

中小企業診断士は会社やお店、工場などの中小企業の経営課題に関する助言を行う、経営者の頼もしいアドバイザーです。法律で定められた国家資格として、経済産業大臣が登録する制度であり、経営診断を行い、課題の解決に尽力します。
中小企業診断士になる方法は、資格試験を受けて合格するのが一般的です。

試験は1次と2次に分かれており、1次テストでは経済、財務、政策、経営に関する7科目を受ける必要があります。
2次テストは中小企業診断の実務に関する筆記試験と、口述試験です。合格後、さらに15日間の実務経験を経て、中小企業診断士の登録申請を行います。

ここで初めて、適切な経営診断や助言を行える人だという証明が与えられるのです。
主な仕事は、現在の経営状況を診断し、現状を客観的に把握した上で、課題解決や今後の成長戦略プランのアドバイスを行うコンサルティング業務です。

単なるアドバイザーにとどまらず、企業と金融機関や行政機関との橋渡しを行い、必要な融資や支援が受けられるように働きかけるのも大切な仕事となっています。このため経営に関する知識だけでなく、新たな施策や融資に関する情報、社会・国際情勢など、常に最新のデータを頭に入れておく必要があります。

これらの専門知識を最大限活用するために、経営コンサルタントとして独立しする人もいれば、企業に勤めながら会社員として手腕を発揮する人もいます。いずれも高度で幅広い知識を武器に、経営者から頼られる頼もしい存在です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ