米国公認会計士は国際ビジネスで活躍するアメリカ財務のプロ

米国公認会計士とは、アメリカの各州が認めた資格です。英語ではCertified Public Accountantといい、これを略してUSCPAまたは、CPAと呼ぶのが一般的です。
試験はNASBA(全米州会計士審査会協会)とAICPA(米国公認会計士協会)が共同で実施し、どの州で受験しても出題内容は同じです。

ただし、資格の承認は州ごとの公認会計士法に基づいて行われます。現在ではモデルケースを参考にして法律が改定されているので、州ごとの認定基準の差は縮まってきました。

もともとは1896年に、ニューヨーク州で公認会計士制度が作られたのが始まりです。
その後1917年から、公認会計士試験制度が開始され、現在では日本でも受験できるようになりました。アメリカの会計資格ではもっとも信頼の高いものですから国際的な需要も高く、世界中の人がライセンス取得にチャレンジしています。

会計実務、税金や商取引に関する法律、会計監査、金融といった専門知識はもちろんのこと、アメリカの資格ですから、高度な英語力も必要です。
米国公認会計士はアメリカ本国では、会計事務所で活躍する他、企業や政府機関に就職して財務や運営の中枢メンバーとして手腕を発揮する人も多く存在します。

日本でも外資系企業や、海外に進出する企業に在籍し、米国や国際会計基準にのっとった財務活動に携わったり、監査法人に所属して監査業務を担当したり、コンサルティング会社を経営したりするなど、資格取得者はさまざまなビジネス分野で活躍しています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ