簿記検定で会計能力を鍛えてステップアップを

簿記とは、経営状況を財務の面から整理し、記録、計算していく能力のことを指します。簿記を理解しておくと、経理事務に役立つ会計知識や、財務把握能力、経営管理能力を身に着けることができるのです。ビジネスにおいて、資産をうまく運用していくための金銭管理は非常に重要です。

その重要な部分を資格という形で能力を保証するもの、それが簿記検定になります。
簿記検定は、自分が会計のスペシャリストを目指していくうえで、かなり有用なステップアップの手段です。まずはこの資格から目指してみるのも良いのではないでしょうか。この資格は、多くの企業において取得が奨励されています。

大学などの推薦にも利用できるほか、単位認定の手段としても役立ち、社会的な知名度も信頼も非常に高い資格となっています。経理や会計を担当するうえでは必須の資格ということができ、さらに営業担当や管理者でも、持っていて損はありません。
簿記検定は日本商工会議所が行っており、各地方の商工会議所で試験を受けます。

級は4つに分けられており、入門編として、基本勘定や仕組みを理解することを示す4級、企業の経理事務能力を保証する3級、基本的な商業簿記・工業簿記を習得し、経営状況を読むことができる2級、さらに能力があることを証明し、経営管理や分析もできることを示す1級となっています。

級という形を利用して、段階を追って取得できるため、目標として据えやすく、受験しやすいと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ