簿記能力検定試験で自分の実力を試してみよう

簿記能力検定試験とは、企業において経理事務を行うために必須の資格試験です。企業や国において、会計や資産を運営する力は非常に重要です。この基盤が崩れてしまうと何も成り立たなくなってしまうため、帳簿や会計の知識を有していることは大きなステータスとなり、自分を生かしていくことができます。

そしてその力が優れていればいるほど利用価値は大きく伸びることとなり、より活躍の場を広くすることができるのです。
これらの能力を保証するものとして、簿記能力検定試験は重要です。

全国経理教育協会が行うため知名度が高く、上級に合格すると税理士の受験資格を得ることができるため、将来を見据えて受験する人も少なくありません。4級、3級、2級は商業簿記の能力があることを証明し、1級は商業簿記を含んだ会計能力があること、工業簿記ができることを証明します。

そして上級では、商業・工業簿記をはじめ、会計学や原価計算もできることを示す資格となっています。上級は年2回実施、それ以外の級は年4回実施されるため、チャンスの回数が多いことから受けやすいと言えるでしょう。

日本ビジネス技能検定協会が行うのは、難易度が安定している簿記能力検定試験です。保有している実力を発揮し、証明するための検定として実施されており、1~3級の三段階に分けられています。どの級も年3回実施されるため、計画的な学習が可能となるので、ほかの試験と合わせて受験を考える人が多いという特徴があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ