電子会計実務検定でニーズに合った能力を保証

電子会計実務検定試験とは、日本商工会議所が行う能力検定試験です。主に中小企業向けの試験であり、電子会計能力を有していることを証明する目的があります。この資格を持っていると、会計の方向性を定める能力があるということになるため、企業の中で自分のスキルを大幅に生かしていけることになるでしょう。

インターネットが普及している今、情報機器やソフトを扱うことが必須スキルとなっていますが、その情報ネットワークを経理などの実務の分野でうまく利用していくことは簡単ではありません。パソコンなどの情報機器を用いた資産運用、財務管理は、どの企業においても必要不可欠であり、使用するソフトを最大限に活用して電子会計を行うことは、企業の行く末を大きく左右します。

専用ソフトなどの機能をうまく使いこなすことにより、会計事務の省力を行い、さらに効率的な財務管理を行っていくことこそが必要なスキルとなります。

簿記の理論や知識を活用するだけでなく、ソフトを用いて会計情報を分析し、企業の未来を見据えて経営に役立てていくこと、また経営の指標を見出していくことを実践していける人こそが企業に求められる人材です。この能力を保証するために、電子会計実務検定があるのです。

インターネットと企業実務の関わりは、年々深くなっています。電子申告・納税や、帳簿や書類保存など、その活用幅は多岐にわたっており、インターネット社会における事務の知識やスキルは、重要さを増してきています。実践的にソフトを使いこなすことができ、その能力を生かしていけることを保証するこの検定は、この先もかなり有効的に活用できることは間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ