BATICは国際的な活躍の場を求める方には最適です

BATICとは、Bookkeeping and Accounting Test for International Communicationの頭文字を取り略称したもので、国際コミュニケーションのための簿記会計テストと日本語では表現されます。

評価は合否で表されるものではなく、1000点満点のテストに対して獲得した点に応じてランク付けされており、200点以上でBookkeeper、320点以上でAccountant、700点以上でAccounting Manager、880点以上でControllerといった肩書きを与えられます。この肩書きは外資系金融機関で用いられている役職の名称と同じものになるのです。

BATICの必要性は、企業の国際化により高まっています。企業のグローバル化は止まる事を知りません。さて、日本の会計基準ですが、現在は国際的な基準に準ずるようになってきています。

しかし、まだ完全には合致しているわけではなく、差異が有るのが実情です。ですから、日本の基準で作成した資料を海外の企業に提示しても、理解を得ることが難しいのが現実と言えるでしょう。BATICを学ぶことで、英語と会計知識を資格として身につけることになります。

そして、将来性という面では、外資系企業やグローバル企業では既にアメリカン・スタンダードで財務諸表を作成しています。こういった企業では英文会計・処理の知識経験を持った人材へのニーズは高まる一方の資格です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ