日経TESTはビジネスマンの幅広いキャリアの方に人気

日経TESTとは、2008年から始まった日本経済新聞社が主催する経済に関する知識を問う試験で、正式名は「日経経済知力テスト」となっています。
TESTはいわゆるテストではなく、経済知力テストの英訳Test of Economic Sense and Thinkingの略称です。

では、ビジネス知力とは、どういった意味と捉えればよいのでしょうか。それは、経済の仕組みや流れを把握して、新ビジネスを創生する能力のことを意味しています。そして、単なるビジネスマンではなく、ビジネスリーダーを目指す人材にとっては不可欠な能力とされています。

また、こういったビジネスマンとして上位に属する方だけでなく、学生にとっては社会人として必要な知識が身に付けられ、新入社員であればビジネスマンとしての必要な知識を身に付けることが可能になるのです。

日経TESTは、そういったビジネス知力に関する資質を客観的に判断するために用いられています。絶対的な点数の把握も大切ですが、分野による強み・弱みも把握することができます。それをベースに人材の育成の方向性を考慮することにも使うことができ、自己啓発の意欲を高めることにも役立てられるでしょう。

また、それと同時に日経TESTの有効性があることを認識している企業が増えつつあります。そして従業員にも有用性をアピールしたり、実際の受験を勧める企業も増えてきました。認知度も高まり今後、ますます注目・活用されてくると考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ