簿記実務検定は商業高校に進む方には良い目標

簿記実務検定とは、全国商業高等学校協会(以下、「協会」とします)簿記実務検定(以下、「検定」とします)のことです。協会とは、全国各地の商業高等学校へ加盟している協会となります。協会が主催する簿記検定試験ということで全商簿記とも呼ばれているのです。

本検定では、帳簿の付け方、そして帳簿に書かれている数の意味を把握するだけでなく、経営管理や経営分析の、いわゆる経営に関するマネジメントについての基礎能力があることを認定する資格になります。更に、試験に用いられる解答用紙が仕訳帳や、総勘定元帳のような実務で使われる帳簿と類似のスタイルのものが使用されます。

そのため、より実務に近いスタイルの試験であると言えるでしょう。
受験生の特徴としては、受験者は商業高校、もしくはその高校の出身者が多数を占めています。商業高校に入学する人にとって、検定の資格はひとつの明確な目標となるでしょう。

また、卒業後の進路選択の際に就職を選択する場合に、本資格の1級を持っていることは大きな強みになります。進学を選ぶ場合にも、1級を有していると推薦入学などで有利です。商業学校に在学している方にとって、在学中に取るべき資格といっても良いでしょう。

そして、協会では商業に関する資格試験を様々行っています。検定はその中のひとつです。協会の資格試験は、その全てが文部科学省の後援を受けていること、そして知名度が非常に高いため、取る価値が十分にあります。そのため、複数の資格を取ることで強みが更に強化されるのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ