商業経済検定の受験者と試験内容はどうなっているのか

商業経済検定とは、公益法人である全国商業高等学校協会が主催しているものです。受験資格はないとされていますが、主に商業高等学校に在籍する生徒が主に受験する内容となっています。

全国商業高等学校協会のホームページによると、当試験の内容とは、主に新聞の経済面を読み込むための基礎を身に着けるというものです。新聞の2~3ページ目にある経済面は、大人でも内容を理解して読み込むことが難しい面とされています。そんな経済面の記事を読むための基礎力を付けようというのが、商業経済検定の目的です。

受験科目は商品と流通、経済活動と法、国際ビジネス、マーケティング、ビジネス経済A、ビジネス基礎であり、これらを学ぶことで、企業経営の基本原則や日本の法体系を身近に感じることができる仕組みになっています。

まず、基礎に合格することで3級認定となり、他の1科目に合格で2級、さらに2科目を修得すると1級認定となる、少し変わったシステムになっているのが特徴です。
また、商業経済検定は販売士検定3級とつながりがあり、基礎とマーケティングの合格者は、販売士検定3級のマーケティングが免除されます。

さらに、基礎とマーケティングに加えて、その他に国際、経済活動と法、経済Aのいずれか1科目に合格すれば、販売士検定3級のマーケティングの他、販売・経営管理の項目が免除されるのです。試験日程は、毎年2月の第一日曜日に定められています。申し込み期間は、前年の11月上旬から中旬ごろまでで、受験料は1科目1,030円です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ