経済学検定試験の内容と具体的な活用方法について

経済学検定試験とは、主に経済学部や社会科学系の学部に所属している学生を対象にしている資格です。全国規模で実施されているもので、主に経済学の数理的・理論的な基礎知識をどの程度学習しているかと、実際の経済への応用レベルを判定する内容とされています。

本来、経済力というものは本人の理解力でのみで判断できました。客観的に判断することは、大学で論文を提出したりするしか方法が無かったのです。
けれども、この経済学検定試験では資格として体系化することにより、その人の経済力を客観的に知ることができるようになりました。

目に見えない、感覚的なものだった経済力というものを数字化によって全国レベルでランク判定できるようになったのです。

そのため、経済学部に所属する学生はもちろんのこと、就職試験合格を目指す学生、すでにビジネスパーソンとして活躍している人、企業の人事担当者からも注目を集めています。ビジネス社会における必要な経済学の基礎知識が身についているかを問うと共に、応用力を養うための一つの判断材料として活用され始めています。

経済学検定試験が最も活用できるのは、就職の際のエントリーシートではないでしょうか。成績を明示することで、自己アピールの一つとして利用する学生が増えてきているというのです。さらに、この資格試験が経済学に対する学習成果を検証するものであるということに、採用担者が注目し、認めています。就職に有利な資格試験というわけです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ