経営学検定試験の特徴と合格率はどうなっているのか

経営学検定試験は、経営に関する基礎知識と専門知識、さらにそれらを応用する能力としての経営管理能力や問題を解決する能力が、一定の水準に達しているかどうかを、全国レベルで資格認定することができる検定試験です。このようなスタイルで数値化、比較化することができるのは日本で唯一といっても過言ではありません。

受験者は、主に大学で経営学を学んでいる学生や、企業や官公庁、NPOなど各種の組織で活動している実務家が中心です。それらの受験者が、一定水準の学習目的とそれを達成するための動機として、経営学検定試験を活用することが意図となっています。

この検定試験の特徴としましては、企業者大学での評価基準に利用できるという点です。すでに企業の採用・昇格試験に活用されていますし、大学ではゼミ単位での成果判定や大学院入学試験の要件に導入されています。

さらに、上級はMBAレベルの経営知識と経営幹部としての実践的な経営能力が身につくので、キャリアアップの強力な武器となるのです。
これまで、経営学検定試験は初級と中級は実施が20回以上ありました。合格率は初級で平均50%、中級では平均46%となっています。

上級は2013年度で第9回の開催となっており、合格率は平均で48%でした。
学習用の公式テキストが中央経済社から発売されています。全国の書店で手にすることができるので、興味のある方はぜひ公式テキストを手に取ってみると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ