VEスペシャリストとは、どんなことをしているのか

VEスペシャリストになるためには、どんなことをすればよいでしょうか。まずVEスペシャリストのVEとは「バリューエンジニアリング(Value Engineering)」という意味であり、様々な商品やサービスなどの価値を、より大きくするプロの人のことを言います。

何かを販売する前の工程において様々な問題が発生するものですが、VEスペシャリストはその製造時の問題点などを改善するための内容を事細かく見つけ出し、それを顧客へ提出します。

そしてそれだけではなく、決められた品物の性能をより発揮するためにはどうすれば良いのか考え、いかにして商品の最終的な使用者が喜んでもらえるのか、心から満足感を得られるのかなども考え、その事も事細かく提案して顧客へと資料を提出する業務になります。

一般的に品物を販売するにあたり、疎かになってしまうことをVEがあらかじめ指摘して改善の手助けをします。どのような価値があるのか、商品(サービス業務も含む)を研究し、性能をどうすれば最大限に引き出し、最終的な使用者が満足してもらえるのか徹底的に追求して行くことがメインの業務です。

基本的な概念として次の3つが上げられます。まず、商品(サービス)を使用する人を優先すること、そして商品(サービス)の使用目的を変えないこと、最後に商品(サービス)の悪い点を追求し改善することです。

VEはアメリカで生まれた職業であり、今では世界中様々な場所で活動を繰り広げています。現在進行している企画や、すでに販売している商品などがあれば、現状より更に向上するためにVEに依頼するのも良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ