パソコン財務会計主任者が行う主な業務内容

パソコン財務会計主任者とは、会計を正確に間違いなく、尚且つスムーズに業務を行う事ができる能力を持った人を指します。この仕事の主任者になるためには、正しい知識はもちろんのこと、コンピューターに対する知識も要します。

近年、様々なものはネットワーク化されていますが、会計もその中の一つで、年々コンピューターで管理する方向へと向かっています。

簿記の能力を持ちながらパソコンのスキルも勉強しなければなりませんが、時代が進むに連れてコンピューターのデータ管理システムや、打ち込みシステムなどが格段に便利になっていますので、パソコン財務会計主任者になるためにはそこまで難しいものではありません。

一昔前は、そろばんで簿記をしていましたが、電卓が広まった事により更に便利となり、現在ではコンピューターで管理するようになりました。今では、ほとんどの会社ではコンピューターのシステムを導入しており、ますます財務会計主任者の資格を持った人が必要となってきています。

この仕事の資格は1級と2級に分かれていて、出題される内容はパソコンに関する知識、簿記、パソコン会計システムとなっており、2級は筆記試験のみで1級は実際にパソコンを使用した試験が行われます。

資格を取るために、本屋などで財務会計の資料を買って独学で勉強するのも良いですが、実際にパソコンで行う業務に自信がない人は、やはり専門学校などに通うべきでしょう。また、1級を取るためには2級の資格を持ってる必要があるため、どんなにコンピューターの実技が素晴らしくても、筆記試験に合格しなければ1級を取ることはできません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ