英文会計検定を取得して国際的に活躍・キャリアアップ

英文会計検定の資格は、わかりやすく例えると、日本の簿記試験の英語バージョンと考えればよいでしょう。英文会計検定の資格は誰でも受験することが可能です。内容はほとんど日本の簿記試験と同じですが、英文会計と謳ってる故、もちろん英語で問題が出され、英語で回答しなければなりません。

この検定の級は4級から1級までの4つがあります。
4級では、基礎的な簿記の知識を取得しているかなどの内容です。3級では、簿記の応用編まで理解しているかどうかの問題が出されます。2級では、財務諸表を英語で作成できるか、その全ての内容をどこまで理解しているのかなどが出題されます。

1級では、会計の全てにおいて英語で理論を把握しているかなどが問題内容となっています。検定試験は年に2回程実施されています。申し込みは試験日の6週間前までに申告しなければなりませんので、注意してください。

検定はBATIC(東京商工会議所)や、USCPA(米国公認)などがあります。日本語を使わない簿記なんてとても難しいと思われがちですが、難しさは日本の簿記試験とさほど変わらず、英文さえきっちりと理解していれば、そこまで苦労するわけではありません。

今の時代、海外で活躍する仕事が増えてきていおり、この仕事もその中の一つで、日本と世界を繋げるためにも英語の能力が必要となってきています。この資格は、特に難しい単語や知識を覚える必要はなく、基本的には日本の簿記試験に出る内容の英語程度を理解できていれば、さほど苦労することはないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ