税務会計能力検定試験に挑戦し合格を目指そう

税務会計能力検定試験を受験するには、特に制限はありません。税務会計能力検定試験とは「所得税法」「法人税法」「消費税法」を基準とした問題が出されます。

所得税法の試験では、所得の計算方法、事業所得に対する会計処理と総額の計算、給与所得に対する計算法令の手順、納税義務の知識、源泉徴収などの管理方法、計算知識などの問題が出され、法人税法や消費税法と比べて比較的簡単に内容がまとめられている為、難易度は低いです。

法人税法とは、益金算入と損金算入の計算、法人についての会計処理の知識、日本国法令制度の知識、各収益の認識基準、税額の計算、税額の仕分けなどの問題が出されます。

消費税法の試験では、課税標準額の計算方法、税額控除、地方消費税に対する基本的な計算知識、課税税額の税率の知識、罰則に対する基準の知識、経理処理の方法などが出題されます。税務会計能力検定試験は4級から1級まで分かれていて、全国各地の指定地域で年に2回程実施されています。

通称「税務検定」と言われており、社会法人全国経理学校協会が主催している検定です。この税務検定は、その人の能力次第で、いきなり1級を受けることも可能である為、しっかりと勉強さえすれば、比較的には容易に1級を取得することが可能です。

受験するための申し込みは色々と方法がありますが、最寄りの受験校に行き、受験を申し込む方法が堅実です。国税についてのスペシャリストになるためには、ぜひこの税務検定の資格を取りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ