SOHOビジネススキル検定試験を受け、自宅で仕事をしてみよう

SOHOビジネススキル検定試験とは、自宅で業務をするスキルを持っているかどうかを確認する試験です。SOHOとは英語で、Small Office/Home Office(スモールオフィス・ホームオフィス)と言い、小さなオフィス、自宅で行う業務という意味を持ちます。

SOHOビジネスをするにあたり、その人がどこまで業務のスキルがあるのか等をチェックしてくれるが、SOHOビジネススキル検定試験です。
発注する側にとっては、依頼先が本当にスキルがあるのか、SOHO事業者なので少し不安があると言った声に答えられるのがこの検定の魅力です。

SOHOビジネススキル試験を受け、その資格があるだけで発注先への信用は格段とUPするはずです。チェックするポイントは、業務の計画と仕事のスタイル、業務の手順と仕事のマナー、会計の実務と税務ができているか、法務とコンプライアンスの知識、個人情報の厳守と責任能力の確認などの内容が主なチェックポイントです。

この検定を受けることにより、仕事に対する考え方や、仕事の土台となる社会人としての基礎力が上がることなどのメリットがあります。ビジネスに使う挨拶や礼儀なども学べます。

SOHOとは小さいという意味や個人で行う事業という意味ではありますが、仕事である以上は責任をもって業務をすることが必須です。検定試験を受け、自分を磨き上げて更に事業を拡大していくことがこの検定の目的です。すでに仕事を始めている人も、更に仕事が増えるようにこの検定を受けてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ