生産士として自分の職位に合った生産管理を行い会社に貢献

生産士というのは、会社における自分の職位(役割)に応じたプロダクトの管理に関する知見を第3者が公正に認定してくれる資格です。資格の認定機関としては、学校法人産業能率大学がそれを行っており、毎年1000名ほどの人が認定を認められています。

認定された場合には非常に価値のあるもので、その資格が会社において昇進の必要条件になって場合もあるほどです。学校法人産業能率大学では試験受験用の通信講座とスクーリングが用意されています。

如何に少ない生産コストで製品を作っていくかについてのノウハウを学ぶことが可能です。得られたノウハウは、実際に会社において非常に有益なものなのです。
生産士は基本と1級から3級までがあり、それぞれ会社における自分の職位にあわせて受験する制度となっています。

基本は生産部門における一般の社員の人のためのコース、1級は生産部門の部長あるいは工場長のコース、2級は生産部門の管理あるいは監督をする人のためのコース、3級は生産部門のリーダーのためのコースとなります。各級とも試験を受けるための費用は3,150円が必要です。

年齢、性別などに関わらず誰でもが受けることが出来る試験です。試験はそれぞれの会社単位で任意の日時に行うタイプのものと、東京あるいは名古屋で毎年11月に開催されている2種類から選ぶことが可能で、実施される4科目の試験ですべて6割以上得点できれば見事合格となります。スクーリング受講のための費用は13,650円です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ