MH技術管理士に成ると効率的な物流を提案して社会の中で役立っていけるようになれます

MH技術管理士というのは、会社において物流システムのマネージメントとプランニング、そして改善案を提案する役割を担うために作られた資格で、企業の中で物流システムの管理は、企業の利益を効率的に上げるためにはとても重要なポイントになります。

物流システムにおいてはいわゆるSCM(supply、chain、management)に加えてLogisticを正確にそして迅速に構築していく能力が求められ、会社でその役割を担っていくのが、MH技術管理士です。この資格を得るためにはMH技術管理士用の講座を受講しなくてはなりません。

受けるためには物流に関する実務を2年以上行っていることが必須です。資格のための講座は例年10-12月にかけて10日間をかけて東京で行われ、その受講料は日本MH協会並びに公益法人日本包装協会の会員は16,200円、それ以外の一般の方は21,600円となっています。なお参加定員は25名までと定められています。

非常に完成度の高い講座で毎年受講者の9割近い人がその内容に満足しています。講師の方が非常に熱心に取り組んでいる点が大変良いという意見もあり、特に座学と実践講義のバランスがとても良いのも講座の魅力の一つです。

講座はケーススタディ方式によって行われ、この方式についても多くの参加者から大変満足のいくものであったとの意見が寄せられています。非常に実績のある講座であり、多くの会社がこれまでに参加しています。資格試験自体は受講後に受ければ100%合格可能なものです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ