物流技術管理士は会社における物流管理の中核を担うのに必須の資格です

物流技術管理士のライセンスを得ることによって、会社の中でプロダクトの流れの管理における重要な役割を担えるようになります。すなわち、物の流れの管理は会社の利益と直結している部分であり、正しい判断によって行っていく必要があり、そのための重要な役割を担う人材を育成する目的で、物流技術管理士の制度が作られました。

ライセンスの認定はそれに対応する講座を受講後に試験を行い、合格すれば認定されます。受講するには、物流に関する実務経験2年以上及び物流技術管理士補の資格を有していることが必要です。

認定のための講座では、プロダクトの流れの管理及びその技術にとって不可欠な物流及びロジステッィクに関する広範な知識の習得と、それをもとにどのように物流を管理していくかについて学ぶことができます。単に知識の習得にとどまらず、講座では4回行われる討論形式での知識を用いた練習のカリキュラムも設けられています。

さらには懇親会を通じて他企業の人との交流も可能となり、新たな情報を入手できます。同時にレポートや論文の作成プログラムも用意されており、レポートや論文の作成を通じて、自分がこれから会社でどのような役割分担でプロダクトの流れの管理に関与していけばいいのかを客観的に見直すことが可能です。

21日間の講座終了後に所定の試験を受験して、見事合格すれば資格を認定されます。非常に人気の講座で、これまでに9000人以上の人が試験の合格を勝ち取っています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ