生産管理士とは、すべての生産活動に関する専門知識と管理能力を持つ専門家です

生産管理士は、生産活動のすべてにわたる専門的な知識と、総合的な観点からの管理能力を有する専門家である資格で、審査を受けるためには大学卒業の実力と経営管理に関するかなり高度な実務経験が必要になります。

登録をするためには、経歴審査、論文審査、さらに面接審査があり、これにパスすることが条件ですが、未経験者の場合は一定の通信教育講座を終了した時点で登録されます。

ここでの生産管理の内容は、顧客の要望や販売予測での販売計画に基づき、人材や設備という資源の能力を検討して、その結果を営業や設計と調整したうえで計画を決め、 資材を調達し、製造を行う一連のフローを管理することです。

また、生産現場に対して、品質や原価、納期の目標を計画立案し、的確な指示をしなければなりません。さらに、実際の製造状況を監視して、万一異常が発生した場合は適切な処置をし、初期の目標に可能な限り近づけるよう修正をし、その実施結果を分析・評価し、次の計画に反映させることも必要になります。

このように生産管理士には、統合性や正確性、関連性や横断性、詳細性や完全性などの面で質の高さを把握することが求められますが、近代化した工場は規模や複雑さの面でその情報量の多さが莫大なものになります。

したがって海外に製造拠点を置く場合は、日本式の高度な管理体制を定着させることが重要な課題であり、この様な人材は特に海外での工場などでは欠かせない存在になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ