財務管理士とは、財務管理の全般にわたる専門知識と技術を持つ人を対象とした認定資格です

財務管理士はいわゆるエキスパート(専門家)であり、企業などの財務管理の全般にわたる十分な専門的知識と技術を有する人に対する認定資格で、ファイナンシャルマネジメントに関する専門家であることを証明する有資格者のことです。

その主な仕事は、企業や事業団体などでは不可欠、かつ重要な財務諸表の分析にはじまり、資金調達や運用、利益計画や予算管理、採算計算、さらには意思決定などになります。

財務管理士になるためには資格審査があり、この審査を受けてパスするためには企業や事業団体等の経営者や管理者、あるいは専門職として十分な経験を有すること、または経営管理に関する研究者やコンサルタントとして十分な経験を有することなど、経営管理に関する豊富な経験が必要になります。

ただし、このように豊富な経験があっても、経歴審査や論文審査、面接審査に合格してはじめて登録される仕組みになっています。なお、これとは別に未経験の人でも日本経営管理協会が実施する通信教育講座を受講して必要な課程を修了してから、所定の審査にパスすれば登録することができます。

ちなみに日本経営管理協会が主催する、資格取得のための通信教育講座の受講期間は4カ月コースで、財務管理士資格を取得すると、先に述べた財務諸表分析や資金調達および資金運用、利益計画や予算管理、採算計画、さらに経営における意思決定ができる能力があると認められます。なお、場合によりファイナンシャルマネージャーと呼ばれることもあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ