ショッピングセンターの指針を決めるSC経営士

日用品を買いそろえたり夕飯の食材をそろえる主婦にとってなじみ深いものであり、また、学校帰りの中学生や女子高生が服を買ったりアイスクリームを食べたりするショッピングセンターは、まさに地域の憩いの場と言えましょう。

このショッピングセンターをマネジメントすることのできる者をSC経営士と呼びます。開発業者内ではマネジャー以上の仕事をこなすことができ、コンサルタントとして携わっているケースでは開発業者の基本方針やそれに伴う重要な考え方を指導できる能力を持っていると社会から認められていると客観的に証明できる資格です。

SC経営士には、このような高いレベルの資質と実力を求められるため、資格を得るには、日本ショッピングセンター協会が年に一度行う資格試験を突破しなければなりません。この試験は一次と二次からなります。

一次はSCの経営と開発・管理に関する専門知識と経済・商業に関わる基礎知識についての筆記試験で、二次はショッピングセンターに関する専門知識についての口頭試問と論文です。二段階の試験が待ち構えていますから、無事に突破するにはあらかじめ資格勉強を計画的に重ねる必要があります。

日本ショッピングセンター協会のホームページには過去の一次試験問題と解答が掲載されていますから、これを活用して対策を練ることも可能です。
資格を取得した後は、地域の憩いの場であるショッピングセンターの開発や経営に携わっていけます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ