経営コンサルタントとしての信頼される経営士とその背景

経営コンサルタントは企業が現在抱えている課題や経営上の問題を解決に導くために企業をさまざまな側面から分析し、解決策を提案する職業です。

この職業が生まれた背景をたどると戦後にさかのぼります。戦後の復興の最中で、政府は復興をより速く進めるため、企業の内部構造の統制の手助けができる専門家を養う必要性を主張しました。

この企業の手助けをする専門家が今で言う経営コンサルタントです。しかし、その当時は未だ資格制度がなかったため、コンサルタントという肩書を主張するだけで誰でもその新職業になることができたのです。

結果として、その新職業が乱立し、コンサルタントが社会的な信用を失う危険性を伴うようになりました。
そこで信頼を取り戻すために資格制を取り入れ、今にまで続いているのが日本経営士会の経営士という資格です。

この資格の強みは、経営コンサルタントとしての社会的信頼と、資格による実力の証明です。この証明により、企業は安心をして依頼をすることができるのです。
経営士が携わる専門分野には、他にも生産・販売・人事・財務・情報などといったさまざまなものがあり、先に述べた専門分野の中でもさらに細かな分類がされています。

これらの分野を企業や状況にあわせて組み合わせることで活動を行っていくのが主な役割です。さまざまな専門分野があるため、人によっては決まった分野にのみ特化することで、強力な人材として力を発揮している人もいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ