企業の賃金体制を見つめなおす生産性賃金管理士を知ろう

生産性賃金管理士は、企業の賃金制度をあらゆる側面から分析し、問題点を見つけ改善をするコンサルタントとしての能力を認める民間資格です。
企業が支払う賃金は、企業の支払い能力や、労働者の生計費用、労働員のモチベーションの維持などを考えた上で決定されています。

日本では、働いている年数や労働員の年齢が上がるにともなって、給料が増える年功序列という考えが古くからあります。働いている年数が経つごとに給料が増えることで、労働員のモチベーションが低下するのを防ぐことができるのです。

しかし一方で、時代の流れによる技術の進歩や人々の価値観の変化によって、こういった年功序列制による賃金体制が必ずしも納得のいくものではなくなってしまったのです。このような体制に納得がいかなくなると、企業の従業員のモチベーションの維持や人材の定着・確保さえ難しくなります。

現代では多くの企業がこのような課題をかかえています。この課題を解決するのが生産性賃金管理士です。企業の競争が激しくなる中で、経営の環境も変化を迫られています。変化した新しい環境の実態を分析し、新たな制度の設計や、問題点の改善を行うことで、新しい環境にぴったりな賃金制度を作り上げていくのです。

この賃金管理士には、給料を決定する基準や個別の給与についての基礎理論や成果配当や手当金の基礎知識、能力主義人事についての理解や職能資格制度といった、就業の体制に関わる知識が求められます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:財務

このページの先頭へ