銀行振込は窓口やATMやインターネットから行うことが出来る

最近では公共料金はコンビニで支払えるようになっており、インターネットバンキングも発達してきたので、ネットから手軽に相手に送金も出来るようになりました。そのために銀行で振り込むという機会は少なくなりましたが、銀行振込は窓口以外にもATMを使ったり、もちろんインターネットを使っても出来るようになっています。

ATMやインターネットだと、行員とのやりとりは必要なく、振込用紙に書き込む必要もないので手軽ですぐに行うことが出来ます。窓口で行うなら、まずは振込用紙に相手の口座番号などを記入して、いくら振り込むかの金額も必要です。それによって正しい情報が記載されれば無事送金することが可能となっています。

銀行で行うなら昼時などは人が沢山いるので、待たされることもあるでしょう。
そのような記入や待たされるということを避けるなら、やはりネットやATMを利用して行うべきです。

ただし自分の情報などを相手に伝える場合、住所や電話番号や、または商品の品物の具体的な名前など、事細かに記入して相手に伝えることが可能であり、これはATMやネットで行った場合には出来ないことです。

銀行へ直接行って振込を行えば、受領印の付いた控えももらうことも出来るので、確実に振込を行ったという安心感もあります。ただし銀行の営業時間は多くの所では午後3時までとなっているので、その時間を過ぎると窓口での手続きは出来ません。急いでいるときには窓口での手続きはあまり向いていないと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ