代金引換は代金を配達人に支払って荷物を受け取る方法

ネットショップなどで買い物をした場合には、その商品の代金を支払うには様々な方法があります。銀行振込にクレジットカード払いに代金引換に後払いなどがあり、購入者は自分の都合の良い支払い方法を選べるようになっているのです。

クレジットカード払いなら、購入した時点でカードで支払うことが出来、すぐに商品を受け取りたい方に最適です。

銀行振込での支払いでは、購入者が直接店舗の口座宛に支払いますが、銀行の営業日でないと払えませんので、例えば土日祝日などと3連休で休みが続く場合は、その時期に商品を注文しても、3日間はお金を払うことは出来なくなり、物が届くのがそれだけ遅れてしまいます。

ただし払わなければ商品は発送されませんので、注文後に払わなければこの注文はキャンセル扱いとなるでしょう。

代金引換だと、商品が自宅まで送られてきたときに、受取時に配達の人に支払うことになります。そのためにお金を受け取り時には用意しておく必要があり、お金がなければ支払うことも出来なくなってしまいます。そして配達の人に支払いを行い、配達されてきた物を受け取るという形です。

ショップによっては後払いも出来るところがあり、これは後払い用の払込用紙が購入者宛に送られて来るので、それを元にコンビニや銀行で払うことになります。これは手元にお金が無くてもすぐに商品を買うことが出来、後から払えるというメリットがありますが、送付の為に手数料をとられることがあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ