商品券は一定額の商品を購入できる権利のある有価証券

日本での商品券は前払い式の決済手段になっており、紙面に記載されている金額と交換可能な商品と換えることが可能です。これは現金によって購入したり、プレゼントとしてもらったりすることで手に入れられます。通常は現金に換えることは出来ませんが、金券ショップを通せば、額面の8割か9割程度のお金にすることは可能です。

一定額の価値のあるプリペイドカードなどとその性質は似ていますが、商品券は一度しか利用できない点が大きく異なっています。また額面よりも少ない金額の商品と交換した場合には、交換する店舗によってお釣りがもらえたりもらえなかったりと、その釣り銭に関しては明確な決まりはありません。

また、額面以上の商品との交換の場合には、差額分を現金で支払うことも可能となっています。最近では偽造防止の為に、プラスチック型のギフトカードやホログラムシールを使ったりして、防止に努めています。

大量に発行されるものなので、小さな店舗や地方の小規模な商店街などで偽造されたのを使われてしまう場合もあるでしょう。

商品券の種類としては、全国の百貨店やスーパーマーケットが発行するもの、全国百貨店共通のもの、クレジットカード会社のギフト券などがあり、その額面も1000円から5000円や10000円など数種類の金額のものがあります。

また、お米やビールや清酒など、その交換できる商品が決められているものもあるのです。図書券や文具券もありましたが、これらは廃止されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ