課金することによって様々な有料サービスを利用できる

サービスの提供者が利用者からお金を徴収する方法として、銀行振込やクレジットカード払いや振込用紙などがあり、それらは課金と言われています。最近では、課金と言えばオンラインゲームやスマートフォンのゲームなどでの利用や、アイテムを購入したりするときにお金を払うという行為を示す場合が多くなってきています。

たとえばゲームなら毎月一定額を支払う方法があり、その他にはアイテムを買うためにお金を払うなどの場合があります。特に、強い武器などはお金を支払うことで購入できるようになっているのです。

ただし、このようなオンラインゲームやスマートフォンのゲームは基本のプレイ料金は無料であり、ゲーム内で有料のサービスが提供されているようになっています。
ただしゲーム内では、レアアイテムなども用意されており、なかなか出現確率が宝くじ並みに低く設定されています。

そのためにこのようなアイテムを手に入れようと思うと、多額の費用を支払わなければならなくなり、これが子どもなどが知らずに高額を使うようなことになり、問題となっているのです。また中にはアイテムだけ宣伝して、いくら多額の支払いをしても、そのアイテムは出現しないという悪質な例も存在します。

他にも基本的には無料で提供されていて、支払いを行えばワンランク上のサービスが利用できるような形態のものも数多く存在します。これは動画の視聴サービスであったり、レンタルサーバーの使用権利であったりと、多岐にわたり広がっているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ