債権未回収リスクを出来るだけ少なくする方法

企業間の取引であれば、中小企業になればなるほど、その取引での売り上げなどの債権未回収リスクが高まっていくことになります。支払いをしてもらえなければ、資金繰りが厳しい会社であれば、経営も苦しくなり、最悪の場合には倒産になってしまうことも考えられるのです。

未回収を防ぐためには、まずは新規取引先を慎重に選択しなければなりません。取引先の信用力は大丈夫なのか、支払い条件は同意してもらえるか、後払いでも払ってもらえるのかなどを審査する必要があります。この審査を厳しくするか緩くするかによって、未回収も比例して増減するのです。

次の既存の取引先に関しては、契約時に決めた支払い条件や、その限度額をどのようにしていくかということになります。たとえば既存の契約先で資金繰りの悪化があったとすると、従来通り契約を継続するか、取引額を減らしたりストップしたりするかという判断が必要になってくるのです。

これをしっかり行うかどうかでコストが上がり下がりし、未回収金も比例するのです。
そして未回収金が発生した場合には、どのように取り戻していくかがポイントになります。

発生した場合には、すぐに把握し対応しなければなりません。対応が遅くなればなるほど、回収率は低下するのです。会社としては、未回収問題に早期に取り組むという姿勢がとても大切になり、行動が早ければ早いほど良いということです。行動が遅く長引けばそれだけリスクも高まっていきます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ