入金検知によって利用者の支払いや遅延などを確認できる

ネットショップを運営しているなら、クレジットカード決済は導入したいところです。しかし、通常のカード会社との契約ではとても手間がかかるために、普通は決済代行サービスを利用するのが一般的となっています。これによってショップの商品購入者が代金を支払えば、ショップ運営者がその入金を知ることが出来るようになります。

入金検知は、商品を買った人が代金を支払ったかを知る手段です。ネットバンクやATMやコンビニ決済によって、代金が支払われることにより、その入金を検知して、商品が購入されたことを運営者に通知します。また、それと同時に支払期限まで代金が支払われていない、支払いのキャンセルが行われたなどのこともわかるのです。

さらに入金検知システムがメンテナンスなどによって一時的に使えなくなれば、購入者が代金支払いを行っても、ショップ運営者にそれが確認できるのが遅れることになります。
入金が無事行われた後には、支払われたお金と購入者名と購入商品を確認して商品発送することになります。

発送後は支払者の情報を処理して、発送済としておきます。こうすることで2重に商品発送する間違いを防げます。また購入者と振込名義人が違う場合や、振り込まれた金額が違っている場合などは、それに対する対応をしなければなりません。

キャセル扱いにして代金は購入者に返すなどの処理が必要になるでしょう。これらは手作業で行えば手間がかかりますが、決済代行サービスならデータベース上で行えるシステムが用意されているのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ