3Dセキュアはクレジットカード利用時の本人認証サービス

オンラインショッピングでは、クレジットカードでの決済時には、カード番号やセキュリティコードなどを入力しますが、それだけでは決済する人物が本人かどうかの判断はできません。それに対して3Dセキュアでは、加盟店によってクレジットカード会社を経由しての確認を行うことにより、本人かどうか判断が出来ます。

3Dセキュアを利用するには、予めクレジットカード会社の会員となり、パスワードを設定しておかなければいけません。そして、オンラインでの決済時に専用のサイトが表示され、パスワード入力画面が表示されるので、先に設定しておいたパスワードを入力します。これにより本人認証が行われるのです。

パスワードの入力が無かったり、入力内容に間違いがあった場合には、決済は行われないようになります。そのために、第三者によるカード不正利用による被害を防ぐことが出来るのです。

またパスワード入力時には、パーソナルメッセージという会員が予め設定しておいた、メッセージを表示させることも可能となっています。決済時にパーソナルメッセージが正しければ、正規のクレジットカード会社の認証であると確認出来るのです。

もともとはビザ・インターナショナルが開発したセキュリティシステムであり、クレジットカードでの認証を行うことが目的です。現在ではVISAとMasterCardとJCBの世界的に有名なブランドがこれを採用しており、世界標準の本人認証システムとなっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ