EC-CUBEでネットショップのシステムを構築できる

ネットショップを運営しようと思うと、自分でサイトを作りスクリプトを開発するか、他社で開発依頼をするか、既存のネットショップ運営用のスクリプトを使用するかという方法があります。その中で、既存のスクリプトとしてEC-CUBEというものがあります。これによりショップ運営が可能となり、カード決済名などの導入も可能です。

EC-CUBEはオープンソースなので、だれでも無料で使うことが出来、日々有志によってデバッグされ改良されています。本体自体は無料であり、これだけでも十分にネットショップの機能を持たせることは出来ますが、有料のオプションでテンプレートを追加できたり、クーポンを管理できたりと、様々な機能を追加することも可能です。

ただし、オプションがなくても商品登録から購入者管理やメール送信機能など、ショップ運営に必要な機能は十分に備わっています。サイト内容を更に便利にしたいと思うときだけ、オプションを使用すれば良いでしょう。ただし、EC-CUBE導入には当然ながらそれを設置するサーバーというものが必要になります。

通常であればレンタルサーバーを使うことになりますが、サーバー環境によっては動作しない場合もあるので、動作可能か確認しなければなりません。データベースを使うことになるので、サーバーでmySQLなどのデータベースを備えている必要があります。また、スクリプトはPHPで書かれているので、PHPに対応しているサーバーであることも条件です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ