後払いによって購入商品の代金を後で支払う

買い物をして物を買った場合には、通常は代金は先に支払うか購入時に支払うことになります。その支払い方法には、現金の他にもクレジットカードや商品券やプリペードカードなどがあり、ネットショップでの買い物だと、銀行振込や代金引換なども利用可能です。

しかしネットショップの場合には、代金の後払いに対応しているところもあり、これは商品購入後にお金を払うようになっています。
後払いのときには、購入した品物は先に宅配便で送られてきます。そして、払込票などが同封されているか、または後日購入者宛に届くでしょう。

これを使用してコンビニや銀行などで買った物の代金を支払います。払込票には支払期限が記載されているので、その期限までにお金を払うようにしましょう。特に購入者にとっては、クレジットカードのように不正利用や個人情報の漏洩に心配がない、先払いのように送金しているのに商品が届かないかもしれないという不安がないなど、安心して買い物が出来るのです。

購入者にとってはお金を持ち合わせていないときでも、買い物をすることができ、商品が届いてからの支払いになるので、お金だけ無くなるようなトラブルの危険性の無いメリットがあります。

ネットショップにとっては、一括して売り上げを管理できる、商品代金の立て替えを行えるなどのメリットがあります。導入するのは、このようなサービスを代行してる業者と契約することになりますが、初期費用ゼロで導入できるようなところもあり、その導入の敷居は比較的低いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ