オープンソースとクレジット機能の連携によってよりよいサービスが提供される

ネットショップの運営者がショップを作り決済のためにクレジットカード機能を導入しようとするなら、通常ならカード会社の審査を受ける、クレジット機能代行サービスに申し込むなどが必要です。

これらはショップのサイトとは別に申し込む必要もあり、機能が限られていたり、使えるクレジットカード会社が少ない、または審査自体に通らないなどのこともあります。これではせっかくネットショップを作っても決済方法が限られてきます。

そこで登場したのがオープンソースのネットショップサイトです。これなら基本機能なら、導入費は無料であり、クレジット機能を導入するにも無償または安いコストで導入が可能となっており、元々それらの機能を組み込む前提でサイトが構築されていますので、初心者でも導入しやすくなっています。

代表的なオープンソースとしてはECキューブがあり、すでに10年以上の歴史があります。また最近ではWordPressでもECサイトを作れるようになっており、これも無償で利用できます。同時に対応しているカードもJCBやMasterやVISAなど有名なところは一通り網羅している場合も多いです。

また有料ですがサイトにインストール代行サービスなどもあるので、分からない人でも問題なく導入できます。以前に比べるとネットショップと決済機能は、オープンソースサイトが出来て改良されて発展してきたために、ずいぶんと導入の敷居は低くなってきました。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ