決済手数料によって決済代行会社の利益となっている

買い物をするときには、現金払い以外の方法にクレジットカード払いという方法があります。売り手側はカード払いを導入するためには、カード会社と契約する、または決済代行サービスと契約するということを行っており、どうしても売り手と買い手との間には、これらの会社が仲介しています。

そのために購入者がクレジットカードで支払うと、仲介者宛にいくらかの決済手数料を支払うことになるのです。
お店と買い手との直接の売買では仲介者がいないので、商品代金以外の手数料は発生しませんが、そこに仲介者が関わると手数料が発生します。

これはATMや銀行を通して商品代金を振り込んだときに手数料が発生するのと同じ事です。どうしても仲介者を通すとコストが発生するため、手数料は自然と必要となります。
カード払いを店側が導入するときには初期費用などもかかり、月額費用もとられるような場合もあります。

また、カード会社や決済代行サービス会社はいくつもあるので、それぞれの会社によってもその手数料は異なり、高いところもあれば安いところもあるのです。通常は1件につき何%という感じで数%の金額を取られるのが普通となっています。

しかし、最近ではこの決済手数料が無料である会社も登場しています。無料プランと有料プランを提供し、最終的にはすべて無料で提供する予定の会社も存在します。クレジットカード決済の様子がどんどん変化し、ネットショップ利用者にとってどんどん使いやすいものへとなっているでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ