セキュリティコード認証とは何か。これがあるのとないのとではどう違うのか

インターネットショッピングなどで、クレジットカードで買い物をした時にカード番号や有効期限の入力の他にセキュリティコードを入力することがあります。これは、カード番号とは別の数字で、裏面の署名欄に印字された数字の下3ケタまたは表面に4ケタの数字が記載されているものもあります。

最近、インターネットショッピングでは、セキュリティコード認証を行うところが増えてきました。カードで買い物された方はわかると思いますが、ネットではその番号や有効期限、名義を入力するだけで買い物ができてしまいます。もし、誰かが他の人の番号と有効期限、名義をどこかで入手して入力したら、それで通ってしまうのです。

こういった不正利用が増えてきたため、セキュリティコード認証を取り入れるようになってきました。これなら、実際にカードを持っていないと確認できない番号です。以前は利用明細書にカード番号や有効期限などが表示されていたので、カードを持っていなくてもインターネットや通販で買い物しようと思えばできたわけです。

これは危険だとクレジット会社は判断し、今では利用明細にはその情報は表示しなくなりました。そしてさらにこういったセキュリティコード認証を取り入れたのです。

家に居ながら何でも買える時代になり、便利なのはありがたいのですが、危険も増えてきたため、こうした安全対策がとられてきています。あまりにいろんな認証方法が出てくると、便利なのかどうなのかわからなくなりそうです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ