デジタルコンテンツの良い点、悪い点について

デジタルコンテンツという言葉をよく聞きますが、これは音楽や映像、画像、文章といった作品をデジタルデータ化し、そのまま提供されているものを言います。今までは、作品はDVDや音楽CDに記録したものを提供するというのが普通でしたが、最近ではデータ化したものをネットワーク上で受け取るようになりました。

デジタルデータは、何度複製しても劣化しないのが良いところです。
しかし、データ化したものは完全コピーが簡単にできるため、どうしても不正コピーが増えます。こんな不正なことはしないだろうと考えていたのでしょうが、どんどんコピーされ、あちこちのサイトに勝手にアップされるようになってきたのです。

デジタルコンテンツの不正なコピーは、見つけ次第削除するなどの対処をしていますが、実際には対応しきれていません。このような状態なので、著作権についても議論されることが多いです。いろんな業界団体や協議会が出てきてその都度対策をしていますがなかなか不正が減らないのが現状です。

対策をしてもそれをかいくぐってどんどん違法なソフトウェアが出てくるのです。
便利なものが出てくれば、必ずそれを悪用しようとする者が出てきます。嘆かわしいことですがそれが現実です。

これを完全に排除できるような技術の向上が望まれるところです。コンピュータの技術の向上はめざましいものがあります。ほんの数年でものすごく進歩するでしょうから、これから期待したいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ