入金照合という作業について、大変な点とその必要性

どの会社にも売掛金が発生しており、集金日にはそれが回収され、きちんと入金されているかチェックしなければなりません。それが大量であればそのチェックも大変な労力が必要になります。ひと昔前は、すべて人がチェックしていたため、集金日となると残業覚悟、というのが普通でした。

最近では、その入金照合という作業を速く、正確にするサービスを行う金融機関が出てきました。この処理は、入金があれば必ず行わなければいけないものです。それにミスがあっては相手にも多大な迷惑をかけるものですから、迅速に、正確に済ませなければなりません。

入金されてくる中には、振込人名がきちんと入力されていないために照合できず、宙ぶらりんになったものがあったりして、振込人名に同姓同名があって混乱してしまうことがあります。それで処理が遅れてしまい、トラブルとなることもあるのです。

大変な入金照合を簡単にするサービスの内容は、取引先の数によって振込入金の専用口座を用意してもらいます。取引先ごとに口座番号を指定し、どの口座番号に振込まれたものなのかをチェックして、振込人を特定します。振込入金の専用口座番号を作ることで、照合が簡単にできるようになります。

事務処理時間は短縮されますし、インターネットショッピングを行っていて、着金確認後に発送するようなシステムをとることが多いですが、そんな場合も迅速に対応できます。
多くの金融機関でこういったサービスを提供していますので、利用を検討するならいくつかを比較してから決めると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ