5大カードブランドそれぞれの特徴について

クレジットカードで、5大カードブランドが有名です。国内のカード会社が発行したものなのに、外国でも使えるのはなぜだろうと不思議に思ったことはありませんか。これは、世界各国で利用できる決済システムの提供を行っている国際ブランドだからです。

国内のカード会社は、国際ブランドとの提携によって海外でも利用できるようにしています。5大カードブランドというのは、JCB、マスター、VISA、アメリカン・エキスプレス、ダイナース・クラブのことです。それぞれに特徴があるので、自分自身の利用シーンによって選ぶと良いでしょう。

それぞれの特徴ですが、まずJCBは日本で唯一の国際ブランドです。加盟店はアジアを中心に増えてきています。アジア圏ではほぼ使用可能と言えます。また、国内での加盟店数は5つの中で一番多いです。VISAは加盟店数や発行枚数が世界で一番多いです。

日本ではJCBの次に加盟店は多く、VISAが使えるお店ではマスターカードも使えることが多いので、クレジットカード使用可能というお店なら使えます。マスターカードは、使用可能店舗がVISAとほぼ同じです。アメリカン・エキスプレスとダイナース・クラブはどちらかというと富裕層向けのイメージがあります。

アメリカン・エキスプレスはプラチナやゴールドなどの格付けカードを最初に始めました。加盟店はだんだんと増え、VISAやマスターと変わらなくなってきました。エンターテイメントやトラベルのサービスが充実しています。ダイナース・クラブ入会時の審査が厳しく、会員は医師や会社役員などの社会的地位の高い人が多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ