オンラインショップで行われる消込処理とは

オンラインショップでは、商品が売れてその代金が入金になった時にその処理もしなければなりません。入金の消込と言いますが、売上が増えれば増えるほど、この処理の煩雑度が増えていきます。お客さまのことを考えて、決済方法をたくさん導入すればするほど消込作業が複雑になってしまうのです。

ネットショッピングをした経験がある人ならわかるかと思いますが、最近では支払い方法が増えてきています。利用する側からすれば便利なのですが、お店側からすると大変なのです。しかし、こういった作業が簡単にできるようなシステムを導入することで入金処理がスムーズに行えるようになってきています。

たとえば銀行振込の場合、通常の振込だと購入者名と振込人の名前が違うとか、金額が間違っているなどの時に確認をしなければなりません。それが済むまで消込もできませんでした。それを注文番号ごとに専用の振込口座番号を割り当てるようにします。

仮想口座決済と言いますが、これにすれば仮想口座に入金があったら即入金確認ができるので照合の手間がかかりません。
また、コンビニ決済やATM決済でも購入データと一致させているため、入金があれば自動的に照合されるようなシステムがあります。

照合のミスは、ネットショップを運営する上で致命的です。このようなことがないように、良い決済方法を導入することを検討しなければなりません。システムを導入するには費用がかかりますが、スムーズな運営のためには必要なものだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ