公式サイトの定義とそのメリットとデメリット

携帯電話のサイトで、公式サイトと表示されているものを見かけます。これは、携帯会社(キャリア)に承認されなければいけません。キャリアとは、au、docomo、SoftBankのことです。

公式になるとメリットがあります。着うたやムービーなど、公式サイトでしか配信できないものができるようになります。また、公式メニューリストに載るので、抜群の集客力があります。公式=安心だと思う利用者が多く、アクセス数が一般からこちらに変わるだけで、数十倍に跳ね上がった例があります。

キャリアから承認されたというと、かなり安心感がありますから、ちょっとアクセスしてみようかな、というユーザーも増えるのでしょう。
課金の場合、携帯会社が代行して回収してくれますので確実な回収が見込めます。振込やクレジットカード情報の入力の手間が不要なので、利用者が増えます。

課金はたいてい数百円程度ですから、そのためだけに振込したり、カード情報を入力したりして、まで利用する人は少ないです。ですからこの方法は確実で便利です。
また、キャリアの無料広告枠に申し込むことができ、効果が高い広告を掲載することができます。キャリアの最新情報もいち早く手に入れられます。

これらメリットばかり挙げましたが、デメリットも少しあります。それが、外部リンクや広告の規制があることです。しかし、広告については無料広告枠などがあるのでこの規制は困るということはないでしょう。外部リンクについても、承認を得られたら良いのですからあまり不便を感じることはないと考えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ