セキュリティリスクとは何か、これがあるとどうなるのか

最近、企業のシステムに不正侵入されて情報が盗まれたとか、社員が情報を漏えいさせたといったニュースをよく聞きます。企業の機密情報や、個人情報を盗むサイバー攻撃もだんだんと深刻化してきました。何かあった時に対策をしても、またさらにその上を行く、という風になり、いたちごっこの状態になっているのが現状のようです。

セキュリティリスクとは、コンピューターの安全性や機密性が保たれない恐れがあるということです。企業では、攻撃者の手口が巧妙化し、また複雑になってきており、万全だと思っていても簡単にセキュリティが破られたりする可能性が出てきました。

常に対策をしていても、さらにその上をいくものが出てきて、いたちごっこの状態が続いているのが現状です。
うちは、あるいはわが社はセキュリティリスクがない、と言えるところはまずありません。

必ずリスクがあると考えており、その対策に追われています。世界中にハッカーは存在しており、これらの主張を批判する特定の企業をハッカーは集中的に攻撃することもあるので、いろいろな脅威に備えなければならない状態になっています。

企業にあるパソコンは常に最新の状態にしておかないと、少しでも侵入するすき間があればハッカーたちは侵入してきます。

古いパソコンを使っているところは、セキュリティソフトを導入して守るようにしなければなりません。うちは大丈夫、ということはありません。知らない間に侵入されて、大切な情報を盗まれたということがないように、セキュリティリスクについてはいつも意識していなければいけないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:支払方法

このページの先頭へ